戸ノ口に見る今の安積疏水(猪苗代町・会津若松市)

十六橋1
1879年(明治12年)安積疏水事業の開削は、オランダの土木技師ファン・ドールンにより猪苗代湖の水位を調整するため、安積疏水の取水口とは反対側にある日橋川(にっぱしがわの「十六橋水門」(じゅうろっきょうすいもん)の建設から開始されました。
ファン・ドールンは会津地方から日本海に流れる日橋川の河床を下げることにより、猪苗代湖の水位を保持しつつ、戸ノ口堰(とのくちせき・布藤堰(ふとうせき)の取水量の確保も改善しています。1880年(明治13年)の成工式には6・7万人の住民が集まったそうです。
完成当時の16径間の石造アーチ橋は、1914年(大正3年)に猪苗代水力電気(現東京電力)により水門が電動式ストーニーゲートに改築され、制水門と橋梁が分離されました。その後、取水量の増大が図られ、1941年(昭和16年)の新たな小石浜取水口の完成により、「十六橋水門」の役割は低減しました。現在は増水時のみ開閉されている。
(さらに…)

安積町牛庭~終点に見る今の安積疏水(郡山市)

安積町牛庭12
1879年(明治12年)から猪苗代湖の湖水を安積平野へ引く安積疏水は、国の直轄事業として進められ、わずか3年後の1882年(明治15年)に完成しました。
その後、何度か改修工事が加えられながら、現在も郡山市・須賀川市の灌漑用水として役立っています。郡山南部地区の安積疏水はU字溝の幅も狭く、農業用水路としてのみ通じ、安積町の荒池へ注ぎその役割を終えます。
安積疏水と思わせるものは何もなく、窮屈な路をたどり長い旅路に別れを告げます。牛庭原には通水以来125度目の冬が訪れています。
(さらに…)

三穂田町に見る今の安積疏水2(郡山市)

三穂田67
猪苗代湖水を農業水利として利用する計画案は小林久敬によって進言され、その後、中條政恒(ちゅうじょうまさつね)の働きによって、大久保利通内務卿を通じ国の直轄事業として1879年(明治12年)に工事が開始されました。
3年後の1882年(明治15年)8月10日には岩瀬郡仁井田村まで試験通水を実施されています。
また、1878年(明治11年)から明治政府の士族授産と殖産興業の方針のもの、旧士族のうち全国の9藩から約2000人が郡山に移り住み安積開拓が始まりました。今でも郡山の各地に残る入植者の碑は当時の偲ばせてくれます。
(さらに…)

猪苗代に見る今の安積疏水(猪苗代町・郡山市)

上戸1
安積疏水は、1879年(明治12年)10月27日に開成山大神宮(郡山市)の社前において「猪苗代湖疏鑿起業式」が挙行され、その翌日から順次工事が開始されました。1881年(明治14年)7月31日山潟水門(やまがたすいもん/猪苗代町)が落成し、1883年(明治16年)6月には幹線水路52Km,分水路78Km,3郡(安積・安達・岩瀬)への灌漑が実現しました。
起工式から3年の月日と、85万人を動員した大規模国家プロジョクトにより、猪苗代湖の水が流れる様を見た喜びは、実に感慨深いものであったと考えられます。
その後、山潟水門には湖面低下に伴い、揚水機場が東京電力の補償工事によって建設され、1941年(昭和16年)運転を開始しました。
戦後、食糧増産の政策を目的とした1,500ha開田のための新安積疏水は、安積疏水からの分水方式に計画変更されました。そのため、安定した用水供給・維持管理を総合的に判断し、老朽化が激しい山潟水路から志田浜地区内に新取水口(上戸頭首工:じょうことうしゅこう)が新設され、取水後すべてトンネルで通水されました。
※「猪苗代湖(いなわしろこ)」は2016年(平成28年)4月19日(火)、文化庁により開催された「日本遺産審査委員会」の審議を経て、「日本遺産」に認定された37の構成文化財の一つです。
(さらに…)

逢瀬町多田野に見る今の新安積疏水(郡山市)

新安積分水工1
新安積疏水は、1941年(昭和16年)に従来の疏水路ではカバーしきれなかった地区に対する開田の必要性により計画されました。猪苗代湖に面した湖南町浜路に新たな取入口を予定していましたが、戦争激化による資材不足のため止むなく事業は一時中止されました。その後、1945年(昭和20年)に再開されましたが、当初の浜路ルートから旧安積疏水の上流部を利用する計画に変更されました。(猪苗代町田子沼にて分岐しています)
※浜路取入口からは飲用水専門の上水路が1979年(昭和54年)に完成し、郡山市民の飲み水として利用されています。
1970年(昭和45年)からの国営安積疏水農業水利事業に伴い、ほ場整備事業として深田調整池(深田ダム)や多田野第一頭首工が新設されました。新安積疏水は山間部を貫いて通っているため、なかなか馴染みが薄いかもしれませんね。
(さらに…)