三穂田町に見る今の安積疏水2(郡山市)

三穂田67
猪苗代湖水を農業水利として利用する計画案は小林久敬によって進言され、その後、中條政恒(ちゅうじょうまさつね)の働きによって、大久保利通内務卿を通じ国の直轄事業として1879年(明治12年)に工事が開始されました。
3年後の1882年(明治15年)8月10日には岩瀬郡仁井田村まで試験通水を実施されています。
また、1878年(明治11年)から明治政府の士族授産と殖産興業の方針のもの、旧士族のうち全国の9藩から約2000人が郡山に移り住み安積開拓が始まりました。今でも郡山の各地に残る入植者の碑は当時の偲ばせてくれます。

三穂田67
↑安積疏水と交差する笹原川には、笹原川頭首工がある。
三穂田町鍋山1
↑笹原川頭首工もラバーダムになっています。
三穂田69
↑ラバーダム表示。(ゴムはブリジストン製)
三穂田70
↑水利使用標識。
三穂田68
↑笹原川頭首工の建物。

大きな地図で見る
三穂田71
↑欄干にある笹原川の表示。
三穂田72
↑笹原川にかかる腰巻橋。昭和61年3月竣工。
三穂田73
↑腰巻橋から笹原川の下流を望む。
三穂田76
↑笹原川からの取水口。
三穂田75
↑笹原川を横断して流れてくる安積疏水。三穂田町鍋山へと続いていきます。
三穂田町鍋山2
↑笹原川の下を通り安積疏水が流れます。
三穂田町鍋山3
↑笹原川からの分水と合流して流れていく安積疏水。
三穂田町鍋山4
↑下流へどんどん流れていきます。
三穂田町鍋山5
↑途中、年代物の分水工がある。
三穂田町鍋山6
↑全体が錆びており、古い分水工のようだ。
三穂田町鍋山7
↑安積疏水の下流を望む。
三穂田町鍋山8
↑十流を望むと高旗山が見える。その山の向こうには猪苗代湖が広がる。
三穂田町鍋山9
↑安積疏水の上を用水2本が交差している。
三穂田町鍋山10
↑下流へどんどん流れていきます。
三穂田町鍋山11
↑小さな堰を下ります。
三穂田町鍋山12
↑フェンスがきれいに直されて、安積疏水に沿って桜並木が続きます。
三穂田町鍋山13
↑なるほど、平成7年3月に桜植樹記念の碑が建っている。ちなみに郡山市長名は藤森英二氏です。
三穂田町鍋山14
↑この先も桜並木が延々続きます。
三穂田町鍋山15
↑途中、小さな分水工があるが錆び錆びです。
三穂田町鍋山16
↑桜並木も終わり、一面視界が広がる。
三穂田町鍋山17
↑更に下ると、東都郡山ゴルフカントリークラブの敷地に沿って流れていきます。
三穂田町鍋山18
↑東都郡山ゴルフカントリークラブ裏口の下を流れていきます。
三穂田町鍋山19
↑更に先で、山沿いを進みます。
三穂田町鍋山20
↑県道の下を抜けて茂みの中を流れていきます。この県道のすぐ南側には新安積疏水の仁井田幹線があります。

大きな地図で見る
三穂田町鍋山21
↑養鯉場への分水工がある。ちなみに、安積疏水の完成後、発展した製糸工場から出る蚕の蛹(さなぎ)が鯉の餌になったため、郡山は養鯉が盛んになったそうです。
三穂田鍋山22
↑前方に養鯉場の池が見える。なんとカワセミを見ました。
三穂田鍋山24
↑養鯉場を抜けると開渠の幅も狭くなり、細~く流れていきます。
三穂田鍋山25
↑「上の池」の横を通って細〜く流れていきます。

大きな地図で見る
三穂田鍋山26
↑上流を望む。左に見えるのが「上の池」
三穂田鍋山27
↑上の池を東側から望む。白鳥が上空を通り過ぎていく。
三穂田2地図改
←前ページ(三穂田町に見る1)  次ページ(安積町牛庭・終点に見る)→
《参考文献》
◇「安積疏水百年史」 発行:安積疏水土地改良区
◇「郡山市水道史」 発行:郡山市水道局
◇「誰にでもわかる安積開拓の話」 発行:歴史春秋社
◇「みずのみち 安積疏水と郡山の発展」 発行:歴史春秋社
◇「郡山市水道90年のあゆみ」 発行:郡山市水道局
◇「安積開拓120年記念 先人の夢に逢う」 発行:郡山市 ほか

コメント&トラックバック