平成に見る安積開拓・渡辺閑哉(二本松市)

1798年(寛政10年)下長折村(現二本松市)の名主渡辺章の第四子として誕生。
名は朴 通称儀右衛門、隠居して閑哉と称しました。
16才の時二本松藩の渡辺竹窓の門に入り儒学を学びました。 
19才にして布沢村(現二本松市太田)の名主となった後、45才に下長折村の名主となり更に鈴石村の名主を兼務し
村の財政を立て直す功績を残しました。
閑哉の子孫の渡辺儀さんの敷地には閑哉のこれらの業績が記された石碑「霊松記」が建っています。
閑哉は藩政に関わっていた当時から、猪苗代湖から水を引き安積三原(大槻原・広谷原・対面原)の開拓を唱えていました。
明治維新後の1870年(明治3年)の春には、今泉一三郎と2回目の踏査を行い、建白書として県令に提出しています。
翌年、県令は国の井上馨大蔵大輔に謀っています。※建白書は福島県歴史資料館に保存されているそうです。
また、1871年(明治4年)11月に県令安場保和は閑哉を呼び意見を聞き、閑哉は「開拓吟」を県令に進呈して帰りました。
更に、亡くなる前年の1872年(明治5年)秋には、3回目の実地踏査を行っています。
閑哉の案は、田子沼に沿って猪苗代湖の水を引き、嶺の中段に水路を穿ち五百川の上流に導き、高玉地内の横川堰(玉川堰)を修築して
熱海の南端に高水路を築き、安積全郡の原野に潅漑するもので、実際に実施された工事と同じ内容でした。

安積開拓に触れよう

平成に見る安積開拓の軌跡〜開拓者の群像(郡山市)
平成に見る安積開拓の軌跡〜開成館(郡山市)
平成に見る安積開拓の軌跡〜開成館1F展示(郡山市)
平成に見る安積開拓の軌跡〜開成館2F展示2(郡山市)
平成に見る安積開拓の軌跡〜開成館3F展示(郡山市)
平成に見る安積開拓の軌跡〜開成山大神宮(郡山市)
平成に見る安積開拓の軌跡〜安積野開拓顕彰碑(郡山市)
平成に見る安積開拓・阿部茂兵衛(郡山市)
平成に見る安積開拓・小林久敬(郡山市)
平成に見る安積開拓・小林久敬(須賀川市)
平成に見る安積開拓・中條政恒(郡山市)

平成に見る安積開拓の軌跡〜開拓者の群像(郡山市)

↑「開拓者の群像」左から中條政恒、大久保利通、ファン・ドールン。
1992年(平成4年)にふるさと創生事業により建立された、安積開拓顕彰の新しいモニュメント。開成山公園(かいせいざんこうえん)の広場に聳える石塔とブロンズの彫刻。郡山市名誉市民でもある郡山市湖南町出身の彫刻家、三坂 耿一郎(みさか こういちろう)氏の作品。高さ17.6メートルの塔の下には、安積開拓を象徴する人物の群像が配されている。台座の石の部分には原野に生きるクマ・サル・シカ・ウサギなどを描いたレリーフが飾られ、クマとサルの口からは水が出るようになっている。前方には安積疏水をイメージした水路が流れ、その前には「安積原野の開拓はこの地より創まる」とのレリーフがはめ込まれている。
ーここに全文を紹介するー
「安積原野の開拓はこの地より創まる」
かつて奥州路の小宿駅に過ぎなかった郡山は、明治の初期、この地の富商らが結成した開成社と、士族授産を目的とした明治政府直轄の大規模開拓により、太古以来の安積原野がことごとく開拓された。さらに明治十五年、有史以来初めて猪苗代湖水をこの原野に東注した安積疏水の完成は、今日の郡山市発展の原動力となった。
われらは、この地に開拓精神発揚のシンボルとして、「開拓者の群像」を設置し、先人に感謝しその偉業をたたえ、これを後世に伝えるものである。
1992年10月 郡山市
※「開成山公園(かいせいざんこうえん)」は2016年(平成28年)4月19日(火)、文化庁により開催された「日本遺産審査委員会」の審議を経て、「日本遺産」に認定された37の構成文化財の一つです。
(さらに…)

平成に見る安積開拓の軌跡〜開成館3F展示(郡山市)

↑開成館 3階全景。
↑開成館 3階全景。
(さらに…)

平成に見る安積開拓の軌跡〜開成館2F展示2(郡山市)

↑開成館 2階全景。
↑開成館 出口順路側から 2階全景。
(さらに…)