逢瀬町多田野に見る今の新安積疏水(郡山市)

新安積分水工1
新安積疏水は、1941年(昭和16年)に従来の疏水路ではカバーしきれなかった地区に対する開田の必要性により計画されました。猪苗代湖に面した湖南町浜路に新たな取入口を予定していましたが、戦争激化による資材不足のため止むなく事業は一時中止されました。その後、1945年(昭和20年)に再開されましたが、当初の浜路ルートから旧安積疏水の上流部を利用する計画に変更されました。(猪苗代町田子沼にて分岐しています)
※浜路取入口からは飲用水専門の上水路が1979年(昭和54年)に完成し、郡山市民の飲み水として利用されています。
1970年(昭和45年)からの国営安積疏水農業水利事業に伴い、ほ場整備事業として深田調整池(深田ダム)や多田野第一頭首工が新設されました。新安積疏水は山間部を貫いて通っているため、なかなか馴染みが薄いかもしれませんね。

堀口浄水場7
↑田子沼分水工から隧道で南下した新安積疏水は、逢瀬町大久保で小水力発電所を経由した後、ここ逢瀬川上流部分で顔をだす新安積疏水。
堀口浄水場8
↑下には逢瀬川源流が流れている。案内物は何もない。(ただ単に農業用水路でしかないのか)
堀口浄水場9
↑逢瀬川源流の上流を望む。
堀口浄水場10
↑逢瀬川源流の下流を望む。ここから見えないがこんな奥地まで水田がある。
堀口浄水場11
↑暗渠の隙間からかすかに新安積疏水の流れが見える。
 
堀口浄水場12
↑逢瀬川を横切った新安積疏水は、三穂田町休石(やすみいし)にて多田野川上流にある新安積分水工まで隧道で進んでいきます。

大きな地図で見る
堀口浄水場13
↑戻り際、茂みの中に立つ地中工作物の表示。この真下に新安積疏水が通っている。
新安積分水工1
↑新安積疏水は、三森峠から猪苗代湖へ抜ける手前の三穂田町休石(やすみいし)地区にある「新安積分水工」へ出てくる。(この道もよく通る道だが、今まで全然気が付きませんでした)
新安積分水工2
↑先程の堀口浄水場方面から隧道を通って出現。(新安積疏水にやっと会えました)
新安積分水工3
↑分水され、左側は多田野川へ注ぎます。右側は新安積疏水の本線。多田野川を越えると再び隧道となる。
※下流の多田野第一頭首工にて深田調整地(深田ダム)への取水口が有ります。
新安積分水工4
↑新安積分水工局
新安積分水工6
↑占有許可標識。

大きな地図で見る
新安積分水工5
↑多田野川の上を横切る新安積疏水の開渠。真新しい。
新安積分水工7
↑多田野川を越えた先の隧道は古いまま。まさに新旧合体。この先は、途中の山間部で顔を出しながら、須賀川市守屋(もりや)の笹原川付近まで延々と隧道が続きます。
新安積分水工8
↑横断する多田野川下流方面。分水した水が多田野川へ合流するのが見える。
新安積分水工9
↑北側の山中で「水地中工作物」の標識。この下を新安積疏水が通っている。
新安積分水工10
↑当然新安積疏水(新安積幹線用水路)の表示です。
多田野川第一頭首工1
↑新安積分水工から多田野川を少し下った所に多田野川第一頭首工がある。
多田野川第一頭首工2
↑川下側から望む多田野川第一頭首工。
多田野川第一頭首工3
↑多田野川第一頭首工から上流を望む。この先に新安積分水工がある。(この辺は人影も見えず寂しい)
多田野川第一頭首工4
↑頭首工から下流を望む。この先で安積疏水が通り、多田野川第二頭首工がある。
多田野川第一頭首工5
↑多田野川第一頭首工の表示。製作年月日は昭和52年12月とある。
多田野川第一頭首工6
↑水利使用標識。

大きな地図で見る
多田野川第一頭首工7
↑頭首工の上流にある多田野川を横断する古い水路。
深田調整池1
↑多田野第一頭首工から取水した先に、深田調整池(深田ダム)がある。有効貯水量は804万立法メートルで、建設当時アースダムとして我国第1位であったようです。上流部分を望む。
深田調整池2
↑安積疏水農業水利事業と深田調整池の概要が表示してある。
深田調整池3
↑国営事業深田調整池の定礎式は1973年(昭和48年)9月。深田ダムの完成により、猪苗代湖の水をいつでも溜めておけるようになりました。
深田調整池4
↑深田調整池下流の堤から三穂田方面を望む。かなりの勾配がある。

大きな地図で見る
深田調整池5
↑深田調整池から多田野川への放水路。隧道から勢いよく流れてきます。
深田調整池6
↑なかなか年季の入った分水工。
深田調整池7
↑分水されて竹林をコンコンと流れていく。
深田調整池8
↑この先多田野川へ流れていく。
新安積疏水地図
←前ページ(逢瀬町大久保に見る)  次ページ(三穂田町守屋に見る)→
《参考文献》
◇「安積疏水百年史」 発行:安積疏水土地改良区
◇「郡山市水道史」 発行:郡山市水道局
◇「誰にでもわかる安積開拓の話」 発行:歴史春秋社
◇「みずのみち 安積疏水と郡山の発展」 発行:歴史春秋社
◇「郡山市水道90年のあゆみ」 発行:郡山市水道局
◇「安積開拓120年記念 先人の夢に逢う」 発行:郡山市 ほか

コメント&トラックバック