カテゴリー: 安積開拓に触れよう

カテゴリー:

阿部茂兵衛は言わずとしれた開成社の社長として、開成山開拓(大槻原開拓)において中條政恒の片腕となり大いに活躍しました。 そのため、彼の偉業を讃え、開成山大神宮の境内には阿部茂兵衛の顕彰碑ならびに銅像が建てられています。

カテゴリー:

現在の郡山の発展に寄与された9つの旧藩士の子孫により1976年(昭和51年)に「安積野開拓顕彰会」が設立されました。そして1978年(昭和53年)、ゆかりの地である開成山大神宮の境内に「安積野開拓顕彰碑を建立しました。こ […]

カテゴリー:

開成山大神宮(かいせいざんだいじんぐう)は「東北のお伊勢様」と呼ばれ、中條政恒が開成山一帯の開拓を進めて間もなく、遙拝所(ようはいじょ:ご神体の無い神社)の設計をしたことに始まります。 1874年(明治7年)に社殿・拝殿 […]

カテゴリー:

一面荒野であった安積の地が現在のような発展を遂げるまでには、先人達の多くの苦労があったからに他なりません。その中でも福島県と開成社による大槻原開拓は、後の安積疏水を含む国営安積開拓事業へ結びつくきっかけとなりました。 1 […]