磐梯熱海に見る今の安積疏水3(郡山市)

atamisosui21
熱海疏水橋を抜け、安積疏水は南下していきます。途中、第4号分水工より第一分水路が分水、喜久田・日和田方面の農業用水として活躍しています。
(さらに…)

今の安積疏水第三分水路(郡山市)

daisan36
逢瀬町河内字地引にて分水した第三分水路は逢瀬川と平行して流れ、片平町で逢瀬川の支流へ注ぎます。
(さらに…)

今の安積疏水第二分水路1(郡山市)

daini35
逢瀬町夏出にて分水した第二分水路は藤田川と平行して流れ、熱海町下伊豆島から喜久田町早稲原を通ります。
(さらに…)

今の安積疏水第一分水路1(郡山市)

daiiichi37
第一分水工路は熱海町安子ヶ島の第四分水工で分水。喜久田町・日和田町の灌漑に役立っている。途中、1880年〜1881年(明治13年〜明治14年)にかけて二本松・久留米・棚倉・岡山・会津藩士族が入植した対面原をる。最終的には阿武隈川へと注ぐ。
(さらに…)

逢瀬町河内に見る今の安積疏水2(郡山市)

kouzu23.jpg
安積疏水は夏出から山間部の隧道を何度か抜け、逢瀬町河内(こうず)方面へ流れてきます。ここには片平を通り逢瀬川の支流へ注ぎ込んでいる第3分水路があり、安積疏水は河内の集落を超えた先にある逢瀬川の下を抜け、南下していきます。
(さらに…)