今の安積疏水第二分水路1(郡山市)

daini35
逢瀬町夏出にて分水した第二分水路は藤田川と平行して流れ、熱海町下伊豆島から喜久田町早稲原を通ります。

daini2
↑隧道を抜け流れてくる第二分水路。

daini1
↑下流へ流れていきます。


大きな地図で見る

daini3
↑山際を流れていきます。

daini4
↑途中、暗渠となり進んでいく。

daini5
↑この草地の下を流れている。

daini6
↑片平へ通ずる道の下を横断し、東へ向かいます。

daini8
↑道を渡り、上流を望む。


大きな地図で見る

daini7
↑更に下流へ流れます。

daini9
↑民家の裏を通ります。

daini10
↑ドラム缶がいっぱいの横断橋。

daini11
↑山際をどんどん進みます。

daini12
↑片側は田園が広がっています。

daini13
↑途中、西部第2工業団地に造られた公園の脇を通過する。東屋が見える。

daini14
↑公園に通ずる橋には落下防止のフェンスが付いています。

daini15
↑更に下流へ向かいます。

daini16
↑山の終点に分水工がある。横には工業団地内の発電施設への取り入れ口。

daini17
↑キレイに分水している。

daini18
↑暗渠となり、工業団地内を横断していく。

daini19
↑上流の望む。

daini21
↑暗渠の出口には碑が建っている。

daini20
↑裏には安積疏水普通水利組合寄付人の名が連なる。

daini23
↑暗渠を抜けてきます。後ろには碑が見えます。

daini22
↑工業団地を抜け、更に下流へ進みます。


大きな地図で見る

daini24
↑下流へ進みます。

daini25
↑視界が開け、両側に水田が広がる。

daini26
↑第2工業団地から国道49号線へ通ずる道を横断します。


大きな地図で見る

daini27
↑藪の中を進みます。

daini28
↑途中で、小さな地田橋が横断します。

daini30
↑欄干には地田橋の表示

daini29
↑反対側の表示。

daini31
↑9代目の秀瀬日吉 前郡山市長の名とともに、施工者 寺山建設の明記がある。

daini32
↑住宅地沿って流れてくる第2分水路。

daini33
↑下流には国道49号線があり、ゴルフ練習場のキタスポのフェンスが見える。

daini34
↑国道49号線の下を暗渠にて流れていきます。


大きな地図で見る

←前ページ(第一分水路)    次ページ(第三分水路)→

コメント&トラックバック