逢瀬町河内に見る今の安積疏水2(郡山市)

kouzu23.jpg
安積疏水は夏出から山間部の隧道を何度か抜け、逢瀬町河内(こうず)方面へ流れてきます。ここには片平を通り逢瀬川の支流へ注ぎ込んでいる第3分水路があり、安積疏水は河内の集落を超えた先にある逢瀬川の下を抜け、南下していきます。

河内1
↑逢瀬町河内(こうず)の県道長沼喜久田線下にて再会、水流が増しているようだ。

大きな地図で見る
河内2
↑蛇行しながらどんどん元気に流れていきます。
河内3
↑あれれ!?また隧道です。サヨウナラ。
kouzu16
↑隧道から出てくる安積疏水。
kouzu17.jpg
↑水管が横切っている。
kouzu18.jpg
↑下流の河内集落方面へ向かう。
kouzu22.jpg
↑分水工がある。
kouzu20.jpg
↑第3分水路。片平方面へ流れていく。
kouzu25.jpg
↑第3分水路から分水工を望む。

大きな地図で見る
kouzu24.jpg
↑安積疏水上流を望む。
kouzu21.jpg
↑下流を望む。
河内5
↑隧道を抜けると、立派な明神橋が架かっていました。この道は菅船神社(すがふねじんじゃ)への参道になっています。

大きな地図で見る
—————————————————————-
kouzu13
この橋の奥には立派な菅船神社(すがふねじんじゃ)があります。
kouzu14.jpg
↑ちなみに、河内(こうず)町内入口から参道が続いていました。
—————————————————————-
河内6
↑安積疏水の上に小さな水路が横断。
河内4
↑逢瀬川(おうせがわ)の手前で安積疏水は隧道になります。
河内9
↑逢瀬川に架かる橋には「安積疏水管理橋」の文字が。
河内7
↑逢瀬川を「安積疏水管理橋」から下流(東側)へ望む。下流には郡山の上水を担った逢瀬川第一取水場があります。
河内8
↑反対に上流(猪苗代湖方面)を望む。この先には上水で大活躍、堀口浄水場からの河内配水場があります。

大きな地図で見る
河内10
↑逢瀬川を越えて、隧道から吠えるような水音を立てて流れてくる安積疏水。(ちょっと怖い)
河内11
↑真っ赤に錆びた管が安積疏水の上を横断していた。これは何であろう?
kouzu15
↑逢瀬公園に隣接する郡山市河内清掃センターに沿って安積疏水は流れていきます。
河内12
↑この先から隧道になり、河内クリーンセンターの南側を通っていきます。
追記:2016年8月12日
kouzu16
↑一度、隧道から顔を出しますが、また隧道となって逢瀬公園の下を流れていきます。
kouzu17
↑この先、隧道となって逢瀬公園内を流れていきます。
kouzu18
kouzu23
↑逢瀬公園内の第3余水吐局で顔を出します。
kouzu20
kouzu22
kouzu21
↑吐水は、北に流れ逢瀬川へ注ぎます。
kouzu27
kouzu28
↑ひっそりと佇む第3余水吐局。
kouzu26
↑逢瀬公園内の迷路の横を流れます。
kouzu25
↑案内板の中に表示された安積疏水。※ピンク色の楕円内

大きな地図で見る
河内地図改
←前ページ(逢瀬町河内に見る1)  次ページ(多田野に見る)→
《参考文献》
◇「安積疏水百年史」 発行:安積疏水土地改良区
◇「郡山市水道史」 発行:郡山市水道局
◇「誰にでもわかる安積開拓の話」 発行:歴史春秋社
◇「みずのみち 安積疏水と郡山の発展」 発行:歴史春秋社
◇「郡山市水道90年のあゆみ」 発行:郡山市水道局
◇「安積開拓120年記念 先人の夢に逢う」 発行:郡山市 ほか

コメント&トラックバック