逢瀬町夏出に見る今の安積疏水(郡山市)

夏出16
明治年間に造られた安積疏水は、水田の増大による用水不足と用水路の老朽化により大規模な改修工事の必要性に迫られていました。
1970年(昭和45年)に国営安積疏水土地改良事業着工記念祝賀会が挙行され、1872年(昭和47年)には第90回通水記念式とあわせて国営安積疏水農業水利事業の起工式を行い、安積疏水の通水から90年を経て昭和の大改修事業が着工されました。
1982年(昭和57年)安積疏水通水100周年記念式と併せ、国営安積疏水農業水利事業の完工式を挙行しました。
現在の安積疏水は近代化された設備に生まれ変わっています。

夏出1
↑音を立てて磐梯熱海側から隧道を抜け、逢瀬町夏出(なついで)側へ安積疏水が流れてきます。

大きな地図で見る
夏出4
↑逢瀬町夏出(なついで)を通りどんどん流れてきます。左には歴史を感じる分水口がある。
夏出5
↑藤田川(ふじたがわ)の支流、後庵川(ごあんがわ)と交差する安積疏水。
夏出6
↑下に見えるのが後庵川(ごあんがわ)。上流には後庵川頭首工がある。
夏出2
↑安積疏水から後庵川への分水工。
夏出3
↑後庵川への分水路。この時期は水が流れていない。
—————————————————————-
夏出24
↑後庵川上流に向かうと後庵川頭首工がある。ラバーダムになっている。
夏出26
↑ラバーダム表示。設置年月は昭和53年3月。さすが!ブリヂストンタイヤ製。
夏出27
↑膨らんだ状態を見てみたい。東北農政局による看板です。
夏出25
↑水利使用標識。
夏出28
↑後庵川頭首工から上流を望む。万葉集で安積山(あさかやま)と詠まれた額取山(ひたいとりやま)が見える。
夏出29
↑後庵川頭首工から下流を望む。先に見えるのは后奄橋(たいあんはし)。昭和53年10月竣工。

大きな地図で見る
夏出30
↑后奄橋(たいあんはし)の下流には交差する安積疏水の橋梁が見える。
—————————————————————-
夏出7
↑安積疏水から下ると第9号分水工がある。先に見えるのが疏水橋。
夏出8
↑第9号分水工局。
夏出9
↑ここの分水路は藤田川へ注ぐのか。

大きな地図で見る
夏出10
↑第9分水工の下流に架かる疎水橋(疏水橋)の銘板。昭和55年10月竣工。
夏出11
↑安積疎水(安積疏水)の表示もあります。
natsuide41
↑疏水橋を越えてすぐに古い橋を横切る。
natsuide42
↑藤田川と平行して流れる安積疏水。左に見える建物は藤田川頭首工。
夏出14
↑ここでまた隧道になって山に吸い込まれていきました。隧道内で第2分水路と分岐しているようだ。
夏出16
↑藤田川頭首工の全景。(本当?ここが!?)
夏出14
↑左の安積疏水が手前へ、右の藤田川が向こう側へとお互い逆方向に流れている。なんと不思議!
夏出12
↑藤田川頭首工の水利使用標識の表示。

大きな地図で見る
夏出15
↑平行して流れる藤田川の上流も、なかなか絵になる景観。
—————————————————————-
natsuide31
↑藤田川頭首工ラバーダムが活躍しています。安積疏水へ分水している。
natsuide32.jpg
↑ラバーダム活躍中!きっちり堰止まっています。
natsuide33.jpg
↑もうパンパンです。ダムの堰の上に登れそう。
—————————————————————-
夏出地図改
←前ページ(磐梯熱海に見る2)    次ページ(逢瀬町河内に見る1)→
《参考文献》
◇「安積疏水百年史」 発行:安積疏水土地改良区
◇「郡山市水道史」 発行:郡山市水道局
◇「誰にでもわかる安積開拓の話」 発行:歴史春秋社
◇「みずのみち 安積疏水と郡山の発展」 発行:歴史春秋社
◇「郡山市水道90年のあゆみ」 発行:郡山市水道局
◇「安積開拓120年記念 先人の夢に逢う」 発行:郡山市 ほか

コメント&トラックバック