今の新安積疏水 仁井田幹線〜豊永幹線2(郡山市)

shinasakatoyonaga4
新安積疏水豊永幹線は仁井田幹線から分水して、郡山市安積町上牛庭を通り安積町成田田向へ流れています。

shinasakatoyonaga21
↑杉に囲まれた森の中から出てきます。

shinasakatoyonaga20
↑サイフォン出口は、結構な深さがあります。

shinasakatoyonaga22
↑茂みに囲まれて、周りからは見えません。

shinasakatoyonaga23
↑真っすぐ東へ進みます。

shinasakatoyonaga24
↑うっそうとした杉林が続きます。

shinasakatoyonaga25
↑キレイにカーブを描いて進みます。

shinasakatoyonaga26
↑前方の倒木の先は杉林の終わりです。

shinasakatoyonaga27
↑振り返って、うっそうとした杉林を眺めます。薄気味悪い程の静寂です。

shinasakatoyonaga28
↑杉林を抜けると、前方に田んぼが広がります。

shinasakatoyonaga29
↑東へ東へと進みます。

shinasakatoyonaga31
↑振り返ると、プッツりと杉林がとぎれ田んぼが広がっている様が分かります。

shinasakatoyonaga32
↑途中、古い分水工があります。

shinasakatoyonaga33
↑疏水の幅が狭くなっています。内径910ミリメートル→620ミリメートルへ。

shinasakatoyonaga34
↑経年劣化で水路の浸食が進み、礫がムキ出しです。

shinasakatoyonaga35
↑更に先へ進みます。

shinasakatoyonaga19
サイフォンで出てきた森が小さく見えます。

shinasakatoyonaga36
↑道を超えて進みます。

shinasakatoyonaga18
↑東へと流れていきます。

shinasakatoyonaga8
↑前方の道を逆サイフォンで通ります。

shinasakatoyonaga7

shinasakatoyonaga5
↑水路の上に畑がつくられています。

shinasakatoyonaga6
↑両側の水田より高台の部分を流れていきます。

shinasakatoyonaga1
↑豊永幹線の上に、開田記念碑が建っています。

shinasakatoyonaga2
↑1965年(昭和40年)10月20日、福島県知事 木村守江謹書として。

shinasakatoyonaga3
↑新安積土地改良区理事長 相楽源一を筆頭に、関係者の名が連なります。豊永開田組合建立。

shinasakatoyonaga17
↑開田記念碑を過ぎて、再度顔を出します。

shinasakatoyonaga9
↑綺麗にカーブを描きながら流れます。

shinasakatoyonaga10

shinasakatoyonaga13
↑上流を望みます。

shinasakatoyonaga11
↑前方の東北自動車道を横断しています。

shinasakatoyonaga12

shinasakatoyonaga14

shinasakatoyonaga15
↑通常の側溝と変わらないなあ。

shinasakatoyonaga16
↑更に東へ続きます。

←前ページ(新安積疏水 豊永幹線1)  次ページ(新安積疏水 大谷地幹線)→

コメント&トラックバック