「麓山の滝」の現状を考える

hayama091016
↑9月9日(金)の福島民報に、郡山市議会議員の方が、9月定例市議会  一般質問にて「麓山の滝」の濁り水に改善を求めた記事が掲載されました。
安積疏水開通当時は猪苗代湖から引いた水を第5分水を通して流していました。(まさに掛け流し)
現在の麓山の滝は、モニュメントとして復元したため、水を循環させて繰り返し使っています。水の透明度に限界があるようです。
「あたかも安積疏水の水が濁っているような印象を与える」との言及があったとのこと。安積疏水が日本遺産に認定され、県外からも注目が集まっています。郡山市民としても自信を持って案内したい観光名所、速やかな改善を期待いたします。

コメント&トラックバック