豊田地区に見る水道用水〜第二次・第四次拡張事業(郡山市)

joutoyoda1
豊田浄水場は、1912年(明治45年)に郡山の近代水道として、安積疏水からの分水を下の池(豊田貯水池)に注水し建設しました。
1945年(昭和20年)に は54,000人であった人口が、1950年(昭和25年)には、70,000人と激増しました。生活用水の増加・工業用水の需要増加によって水道は給水不足となり、これに対処するため、1950年(昭和25年)〜1961年(昭和36年)にかけ第2次拡張事業として豊田浄水場は大規模な拡張工事がなされました。その後、昭和39年(1964年)3月の新産業都市指定、昭和40年(1965年)には1市5町7村の大同合併に伴い、水の需要は急速に増加しました。
そのため、昭和40年度〜41年度にかけて第4次拡張事業として豊田浄水場内に急速沈殿池や急速ろ過池を増設し、1977年(昭和47年)には国営安積疏水農業水利事業と郡山市上水道事業との共同事業に関する協定書を締結。翌1978年(昭和58年)から安積疏水の施設を利用して上水を供給し続けています。
この第2次拡張事業によって豊田浄水場の緩速濾過池・浄水池・配水池が造られ、第4次拡張事業によって急速濾過池・急速沈殿池・浄水池が造られています。
(さらに…)

桜木地区に見る水道用水〜第一次拡張事業(郡山市)

jouousedaiichi30.jpg
発展を続ける郡山の人口は増え続け、大正7年(1918年)には25,000人程になり、計画給水人口30,000人を目標として建設された近代水道は早くも給水に不足をきたすようになりました。このため、新たな水源の確保として町の北部を流れている逢瀬川から取水することを決定、大正12年度〜大正14年度に第一次拡張事業において新たな取水場、逢瀬川第一取水場が建設されました。
また、自然流下により標高の低い地域にのみの給水から、西部高台地域へ給水可能な配水塔(高架水槽)が麓山に建設され、豊田浄水場ポンプ室から配水塔に送水し、給水しました。(残念ながら、高架水槽は昭和46年3月に撤去されています)
この第1次拡張事業によって逢瀬川ポンプ場・豊田浄水場の緩速濾過池が造られています。
(さらに…)

逢瀬町多田野地区に見る水道用水〜第三次拡張事業(郡山市)

jouyachinai14.jpg
第1次拡張事業により水源としていた逢瀬川第1取水場の水源が、郡山の発展とともに住宅や工場が増加し、汚染が深刻な問題となりました。 また、分水を希望する地域も増加したため、新たな水源として同じ南川上流7.5km地点に矢地内取水場を建設し、そこから豊田浄水場まで導水する第三次拡張事業が進められました。昭和37年(1962年)〜昭和40年(1965年)
この第3次拡張事業によって矢地内取水場・豊田浄水場までの導水管が造られています。
(さらに…)

逢瀬町多田野地区に見る水道用水〜第五次拡張事業(郡山市)

jouousedaini5
更なる郡山市の発展に伴い水の需要は増え続け、第5次拡張事業として逢瀬川浄水場の建設計画が立てられました。しかし、建設予定地域は市街地開発が進んでいたことにより原水汚濁が激しく、計画の見直しを迫られました。そのため、逢瀬川上流を水源とする新たな堀口浄水場建設が計画され、1968年(昭和43年)に着手されました。
工期は当初完成予定の昭和45年度から1年間延長し、総事業費も膨らみました。また、明治45年に敷設された配水管の老朽化に伴う改良工事も予定されており、建設費用を賄うため水道料金を値上げせざるを得ない状況となっていきました。
この第5次拡張事業によって堀口浄水場・逢瀬川第2取水場・本宮舘配水池が造られました。
その上、郡山市はますます発展を続けており、これからの生活用水の需要に対応すべく、すぐに新たな拡張事業を進めるなければならない状況にありました。
(さらに…)

湖南町浜路地区に見る水道用水〜第六次拡張事業(郡山市)

jouhamaji6.jpg
郡山市の人口はますます増え続け、第5次拡張事業による逢瀬川上流を水源とする堀口浄水場建設後も水の需要は高まり慢性的な水不足に悩まされていました。
そのため第6次拡張事業を進めるにあたり、1972年(昭和47年)から1977年(昭和52年)まで間、新安積疏水を共用し、灌漑用水に支障のきたさないよう郡山市逢瀬町多田野字石坂地内にて分水し、堀口浄水場内に導水する同意を得ました。
こうして、ようやく水利権を認められた郡山市は、新たな水源として猪苗代湖東岸の郡山市湖南町浜路地内より取水し、専用隧道にて同市内逢瀬町の堀口浄水場まで導水する事業開始し、1979年度(昭和54年度)内に浜路から水道専用の水路が完成しました。
この第6次拡張事業によって浜路取水塔・導水隧道、導水管・堀口浄水場の緩速濾過池、急速濾過池、薬品沈殿池、浄水池・河内配水池・御代田水管橋が造られています。
(さらに…)