三穂田町守屋に見る今の新安積疏水(郡山市)

shinasakamoriya6
山間部を通る、新安積(二期)農業水利事業幹線用水路笹原工区工事が郡山市下守屋地区にて進められている。水路も順次新しく変えられており、中でも景観に配慮した配色のフェンスや分水工など今までとは違った水路が見ることができる。
(さらに…)

逢瀬町多田野に見る今の新安積疏水(郡山市)

新安積分水工1
新安積疏水は、1941年(昭和16年)に従来の疏水路ではカバーしきれなかった地区に対する開田の必要性により計画されました。猪苗代湖に面した湖南町浜路に新たな取入口を予定していましたが、戦争激化による資材不足のため止むなく事業は一時中止されました。その後、1945年(昭和20年)に再開されましたが、当初の浜路ルートから旧安積疏水の上流部を利用する計画に変更されました。(猪苗代町田子沼にて分岐しています)
※浜路取入口からは飲用水専門の上水路が1979年(昭和54年)に完成し、郡山市民の飲み水として利用されています。
1970年(昭和45年)からの国営安積疏水農業水利事業に伴い、ほ場整備事業として深田調整池(深田ダム)や多田野第一頭首工が新設されました。新安積疏水は山間部を貫いて通っているため、なかなか馴染みが薄いかもしれませんね。
(さらに…)