安積疏水・世界かんがい遺産認定の記念碑が建ちました。

「安積疏水」が2016年11月に「世界かんがい施設遺産」に登録されたことを記念して、安積疏水土地改良区の敷地内に記念碑が建立されました。

世界かんがい施設遺産は、インドのニューデリーに本部が有る国際かんがい排水委員会(ICID)により2016年(平成26年)に創設された制度。登録の条件として、建設から100年以上経過しているとともに歴史的・技術的・社会的価値のあるかんがい施設を選出しています。

↑「安積疏水・世界かんがい施設遺産」登録盾

↑「安積疏水・世界かんがい施設遺産」登録証

↑「安積疏水・世界かんがい施設遺産」登録証の日本語訳

↑登録された安積疏水(あさかそすい)について、世界かんがい施設遺産申請概要書より抜粋して記されている。
安積疏水土地改良区 第8代理事長 本田陸夫氏により
「通水135周年にあたり、この栄誉を後世に伝えるため、ここに記念碑を建立する」と締めくくられている。

安積疏水土地改良区
所在地:福島県郡山市開成二丁目22番2号

コメント&トラックバック