出磬山(でけいやま)碑の拓本写しが開成館に展示されています。


明治43年(1910年)に建立された出磬山碑の写しが開成館の!Fに展示されています。
2Fへの階段を背にしてあるので見落としそうです。
出磬山は、福島県令であった安場保和(やすばやすかず)と中条政恒(なかじょうまさつね)が山頂から安積平野を見渡して、これから進める歴史的偉業の安積開拓について語ったとされています。


出磬山碑拓本(写)
「中條政恒が登り、安積原野を見渡した出磬山山頂。そこに、中條の没後建立されたのが
出磬山碑である。」

出磬山(でけいやま)

紅葉に囲まれた丸守発電所(まるもりはつでんしょ)


色付き始めた紅葉に囲まれた丸守発電所。

通水の発電期間を終えて来年までお休みです。

ややや!安積疏水がストップしています!!


取水制限が出ているのか、安積疏水の取り入れ口に全く水が流れていません。
丸守発電所から五百川への放水もないようで、勢いのない五百川となっています。
(さらに…)

磐梯熱海に、日本遺産「安積疏水」に新名所オープン!


磐梯熱海駅近く、「ほっとあたみ」内の磐梯熱海観光物産館に日本遺産『未来を拓いた「一本の水路」〜大久保利通“最期の夢”と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代〜』の展示ゾーンがオープンしました。
椅子に座って、プロモーションビデを使った360°のVR体験もできます。
構成文化財を含め、「安積疏水」に関して写真とパネルを使って展示されています。これから磐梯熱海の新名所となりそうです。
(さらに…)

本日、安積疏水運用開始です!


本日、4月26日(木)から2018年の安積疏水の運用が始まりました。
沼上発電所のフル稼働前に、沼上瀑布の水量が一番多い日と聞いて見に行きました。
(さらに…)