出磬山(でけいやま)碑の拓本写しが開成館に展示されています。

明治43年(1910年)に建立された出磬山碑の写しが開成館の1Fに展示されています。2Fへの階段を背にしてあるので見落としそうです。
出磬山は、福島県令であった安場保和(やすばやすかず)と中条政恒(なかじょうまさつね)が山頂から安積平野を見渡して、これから進める歴史的偉業の安積開拓について語ったとされています。
出磬山碑拓本(写)
中条政恒が登り、安積原野を見渡した出磬山山頂。そこに、中條の没後建立されたのが出磬山碑である。

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.crerea.com/wp-trackback.php?p=4230