カテゴリー: 安積疏水あれこれ

カテゴリー:

↑「五百川の源流 八衢の清水(やちまたのしみず)」碑。 二十五キロながれ阿武隈川に合流。こちらも熱海史談会の建立。

カテゴリー:

↑渓流に沿って進みます。

カテゴリー:

郡山市中山宿(なかやまじゅく)から鞍手山(くらてやま)を越えて猪苗代町壷下(つぼおろし)に至る楊枝峠。江戸時代に二本松藩と会津藩を行き交う宿場町として栄えました。1896年(明治29年)、19才の野口英世は楊枝峠を通って […]

カテゴリー:

日本古来の和算は、西洋数学の採用により廃止されてしまいました。郡山の和算家は、安積開拓や安積疏水の土地測量・水量計算に多いに活躍したといわれています。郡山市田村町にある田村神社と郡山市中田町にある稲荷神社に残る算額(さん […]

カテゴリー:

安積疏水神社は1879年(明治12年)、疏水開削工事における作業の安全・事業の早期竣工を祈念してめがね橋のたもと建てられました。豊受大御神(とようけおおみかみ)・水波能売神(みづはのめのみこと)が奉祀されており、疏水工事 […]