開成せせらぎこみち2

2002年(平成14年)3月に完成した「開成せせらぎこみち」は、開成山公園(かいせいざんこうえん)の西側を通る国道49号線側から南面敷地に沿って流れ、東側へと続いています。開成山公園の西側入口を入ると、間欠で水が噴き出す開成せせらぎこみちがスタートします。
(さらに…)

開成せせらぎこみち1

「開成せせらぎこみち」は、「台新せせらぎこみち」とともに、第二期の水環境創造事業(水循環再生型)として2002年(平成14年)3月に完成しました。木製の「せせらぎこみち」入口の看板。「自転車は降りて通行して下さい」の看板は必ずあります。
(さらに…)

台新せせらぎこみち

「せせらぎこみち」は、かつて安積疏水の第5分水路として農業用水として利用されていました。郡山市の発展に伴い市街地化が進み、排水路として水質が悪化、整備が急がれておりました。
1995年(平成7年)年度〜2001年(平成13年)年度にかけて、国土交通省の水環境・再生下水道モデル事業(現・水環境創造事業)として生まれ変わりました。公共下水道114号雨水幹線として上下二段構造とした整備が行われ、上部の「せせらぎ水路」は、下部雨水管渠を流れる雨水を浄化した雨水を流し、遊歩道を配して憩いの場を創出しています。
(さらに…)

安積疏水あれこれ

楊枝峠(ようじとうげ)4
楊枝峠(ようじとうげ)3
楊枝峠(ようじとうげ)2
楊枝峠(ようじとうげ)1
算額(さんがく)
安積疏水神社(あさかそすいじんじゃ)
大谷一号水路橋(おおやいちごうすいろきょう)
川底川水路橋(かわそこがわすいろきょう)
出磬山(でけいやま)
安積疏水橋を五百川から望む
稲田泉田分水工(いなだいずみだぶんすいこう)
麓山公園(はやまこうえん)1
麓山公園(はやまこうえん)2
竹之内発電所(たけのうちはつでんしょ)