平成に見る安積開拓・渡辺閑哉(二本松市)

1798年(寛政10年)下長折村(現二本松市)の名主渡辺章の第四子として誕生。
名は朴 通称儀右衛門、隠居して閑哉と称しました。
16才の時二本松藩の渡辺竹窓の門に入り儒学を学びました。 
19才にして布沢村(現二本松市太田)の名主となった後、45才に下長折村の名主となり更に鈴石村の名主を兼務し
村の財政を立て直す功績を残しました。
閑哉の子孫の渡辺儀さんの敷地には閑哉のこれらの業績が記された石碑「霊松記」が建っています。
閑哉は藩政に関わっていた当時から、猪苗代湖から水を引き安積三原(大槻原・広谷原・対面原)の開拓を唱えていました。
明治維新後の1870年(明治3年)の春には、今泉一三郎と2回目の踏査を行い、建白書として県令に提出しています。
翌年、県令は国の井上馨大蔵大輔に謀っています。※建白書は福島県歴史資料館に保存されているそうです。
また、1871年(明治4年)11月に県令安場保和は閑哉を呼び意見を聞き、閑哉は「開拓吟」を県令に進呈して帰りました。
更に、亡くなる前年の1872年(明治5年)秋には、3回目の実地踏査を行っています。
閑哉の案は、田子沼に沿って猪苗代湖の水を引き、嶺の中段に水路を穿ち五百川の上流に導き、高玉地内の横川堰(玉川堰)を修築して
熱海の南端に高水路を築き、安積全郡の原野に潅漑するもので、実際に実施された工事と同じ内容でした。