稲田泉田分水工(いなだいずみだぶんすいこう)

inadaizumida1
新安積疏水の末端に流れている白江幹線(しらえかんせん)。
ここには稲田泉田分水工があり、稲田方面と泉田方面に分水され、流れていきます。水量に関係なく公平に分水できる仕組みはまさに先人の知恵と感心しきりです。
(さらに…)

安積疏水橋を五百川から望む

sosuikyou1
安積疏水通水当時、五百川架樋(ごひゃくがわかけとい)は石造りの眼鏡橋(めがねばし)として建築されました。
工事を手がけたのは安積疏水の工事責任者、南一郎平(みなみ いちろべえ)と同郷(大分県)の大石工であった児島組。児島佐左衛門を棟梁とし、石組による「眼鏡橋」つくりの名人でした。ただし、石樋部分は耐久性に優れておらず、度々改修工事が行われたようです。1931年(昭和6年)からの大規模改修事業の安積疏水県営第一期農業水利改良事業によって、コンクリートによる吹付け補修工事が行われ、熱海鉄樋は一新されました。
その後、老朽化が激しくなった疏水橋は、国営安積疏水土地改良事業により1977年(昭和52年)、現在の青い安積疏水橋にとして生まれ変わりました。
(さらに…)